クロックス ライトライド クロッグ、スライド、サンダル、ペイサーなど【全種類感想】

スポンサーリンク

【全種類履いた感想】クロックス ライトライドはさらに軽い履きやすいクロッグサンダルミュールなど
クロックス ライトライド 感想 レビュー 履きやすい

トレンドを取り入れたスポーティなデザインと最先端の新素材で履き心地を追求したクロックス(CROCSLiteRide(ライトライド)が誕生!

40%柔らかく25%軽量になって、クロックス史上【履き心地レベル最上位】と言われるライトライド(LiteRide)。

履き心地レベル最上位の秘密は、ライトライドとクロスライトの2層構造で足や身体を支え、TPU素材で甲を覆っているから。

  • 足裏が直接触れるフッドベッドは独自開発の吸い付くような新素材「ライトライド」
  • 地面に着地した時に衝撃を吸収するアウトソールには定番素材「クロスライト」
  • アッパー(甲)部分にデザイン性と機能性を兼ね備えたTPU素材

デザインコンセプトは、今はやりのアスレジャースタイル(Athleisure)に合うスポーティさ。

アスレジャーとは、アスレチック(運動競技)とレジャー(余暇)を組み合わせた(athletic+leisure=athleisure)造語のこと。

クロックスを取材して、ライトライド全種類の試し履きをしてみました。

ライトライドの詳細をクロックスオンラインショップでチェックする

クロックス ライトライド特集
icon

スポンサーリンク

クロックス ライトライドは履き心地最高レベルを実現

今まで絶対的エースでクロックスの履きやすさの核となっていたのが、クッション性と快適さを併せ持ったクロスライト素材だったのですが、さらにスゴイ革命的な新素材が誕生!

クロスライトよりも40%柔らかく25%軽量になったライトライド

クロックス ライトライド 構造

今までのクロックスシューズは、履きやすさをレベル別に3つの段階(コンフォートジャーニー(THE COMFORT JOURNEY))に分けていました。

新素材ライトライドの誕生によって、レベル分けが変わりました!

※表が切れている場合は、横にスライドすると全体をご覧いただけます
(スマホの方は:表の上で横にスライド
PCの方は:表の一番下のバーをスライド)

ライトライド クロックス 履き心地レベル
変更前 変更後
【レベル1】ICONIC comfort(アイコニックコンフォート)
・クロスライト素材は1層のみ
・クロックス クロッグに多い
【レベル2】DUAL confort(デュアルコンフォート)
・クロスライト2層又はクロスライト素材+ショックを吸収する低反発素材の2層構造
・現在の主流
【レベル3】
TRIPLE confort(トリプルコンフォート)
・クロスライト素材
+ショックを吸収する低反発素材
+αの3層構造
・一番クッション性が高い
【最高レベル】
LITERIDE(ライトライド)
クロスライト素材
+ライトライドの2層構造

・クロックス史上最上位

レベル3のトリプルコンフォートは、クロスライトを中心に低反発素材などを3枚重ねしていたのですが、新素材のライトライドは3層構造にしなくても「クロスライト+ライトライド」で十分最高レベルの履き心地に達しています。

レベル1.2.3すべてのタイプのクロックスシューズを持っています。

  • レベル1:アイコニックコンフォート
    クロックス クロッグやシティーレーンなど
  • レベル2:デュアルコンフォート
    クロックス ファズやブーツやサイプラスなど
  • レベル3:トリプルコンフォート
    クロックス ワルーなど

クロックスは元々軽くて履き心地も快適なのですが、やはりレベルによってより履きやすさに違いがでていました。

新登場のライトライドを履いてみると、明らかに今までのクロックスシューズと違うのがすぐに分かりました。

歩かなくても足を入れた瞬間に感じますからねー。

足裏に直接あたる部分がライトライド素材なので、履いた瞬間「ぷにむにゅっ」としたなんともいえない柔らかな弾力が体重を支えてくれて、次の一歩を軽やかにしてくれるんです。

クロスライトの良い特性をそのまま継承し、さらに軽く・さらに柔らかくなっています。

    クロスライトの特長

  • 水に強い
  • 防臭性:ニオイに強い
  • 抗菌性:菌に強い
  • 乾きやすい
  • 手入れが便利
  • 軽い
  • 柔らかい
  • 衝撃吸収

クロックスの核のクロスライトの上に、最新技術で誕生したライトライドを2枚重ねすることで、安定感があり足裏にフィットする履き心地で格段にレベルアップ。

クロックスを知り尽くしたクロックス社員さんたちも絶賛のライトライドなんですよ。


ライトライド レディース種類一覧

WOMENタイプのライトライドを一覧にまとめました。

クロックス ライトライド レディース

    クロックス ライトライド種類詳細

  • レディース:ライトライド サンダル ウィメン(LiteRide™ Sandal W):
    4,700円
    スポーツサンダルをベースにしたゴムベルトタイプ
  • レディース:ライトライド スリップオン ウィメン(LiteRide™ SlipOn W):
    6,000円
    柔らかなアッパーが特徴のスリッポン
  • レディース:ライトライド ミュール ウィメン(LiteRide™ Mule W):
    5,700円
    甲部分のみ覆われたサボタイプ
  • メンズ/レディース:ライトライド ペイサー(LiteRide™ Pacer):
    6,400円
    アッパーがTPU素材のスニーカータイプクラシックなデザイン
  • メンズ/レディース:ライトライド レース(LiteRide™ Lace):
    6,400円
    トレンド感の漂うルックススニーカータイプ
  • 男女兼用(ユニセックス):ライトライド クロッグ(LiteRide™ Clog):
    5,200円
    クロックスの定番スタイルのライトライドシリーズ
  • 男女兼用(ユニセックス):ライトライド クロッグ(LiteRide Clog):
    5,500円
    ライトライドクロッグのグラデーション配色
  • 男女兼用(ユニセックス):ライトライド スライド(LiteRide™ Slide):
    4,200円
    ライトライドを用いたスポーツサンダル
  • 男女兼用(ユニセックス):ライトライド フリップ(LiteRide™ Flip):
    4,200円
    ライトライドを用いたビーチサンダル

外出時はもちろんスポーツ前後のウォームアップやクールダウンやアスレジャーコーデにも人気。

ライトライド ペイサー ウィメンと似ているシティレーン ロカ スリップオンを持っているので、履き比べをしてみました。

シティーレーンロカもお気に入りでヘビロテしているのですが、素足に履いても靴下で履いても足にぴったり貼りつくような履き心地なんですよねー。

それに比べてライトライドは足裏に当たる部分が柔らかくて弾力があるので、ピッタリフィットしているのに足全体がとってもラクチン!

ライトライド サンダル ウィメン(Women’s LiteRide Sandal):クロックス レディース

ライトライド サンダル ウィメン(Women’s LiteRide Sandal)は、女性らしいカジュアルスポーティなデザイン。

トレンドのスポーツサンダルをベースにした、無駄がなく洗練されたスタイルだから今どきコーデにとても合います。

幅広甲高外反母趾だと、アッパー全体がゴムになっているタイプは窮屈だったりゴムでスレてしまいがちなのですが、クロックス ライトライド サンダルなら大丈夫。

しっかりホールドできるけれど、柔らかくて良く伸びる幅太のゴムなので足に食い込むこともなくキツクない!

ガッツリのアスレジャースタイルに合うのはもちろん、スカートやワンピースにもマッチしますよ。

カラーはライトグレー/ブラック/ネイビーの3色で、サイズは、快適なフィット感の「スタンダードタイプ」!

ライトライド サンダル ウィメン サイズの選び方:23~23.5cm(実寸)の場合
足の特長 おすすめの選び方 クロックスサイズ
細身、普通 足の実寸 23cm(W7)
甲高、幅広 足の実寸 23cm(W7)

▼画像クリックで全カラーの上下横斜めの拡大もご覧になれます▼

ライトライド ミュール ウィメン(Women’s LiteRide Mule):クロックス レディース

ライトライド ミュール ウィメン(Women’s LiteRide Mule)は、サボのように後ろが開いているミュールタイプのライトライド。

サンダルほどカジュアルではなく、甲の部分は覆われているので女性らしく、後ろはスポーティな印象。

それでいて脱ぎ履きはとってもラクチン。

甲を覆う素材はヘザーニットという柔らかくて通気性のよい素材なので、蒸れの心配もありません。

ヨガやスポーティにも合うのはもちろん、シンプルな服に合わせると可愛く履きこなすことができますよ。

こなれ感も演出しやすいオシャレデザイン。

カラーはライトグレー/ブラック/ネイビーの3色で、サイズは、ややゆとりのある「リラックスタイプ」!

ライトライド ミュール ウィメン サイズの選び方:23~23.5cm(実寸)の場合
足の特長 おすすめの選び方 クロックスサイズ
細身、普通 足の実寸 23cm(W7)
甲高、幅広 足の実寸 23cm(W7)

▼画像クリックで全カラーの上下横斜めの拡大もご覧になれます▼

ライトライド スリップオン ウィメン(Women’s LiteRide Slip-On):クロックス レディース

ライトライド スリップオン ウィメン(Women’s LiteRide Slip-On)は、柔らかなアッパーが特徴のスリッポンタイプ。

脱ぎ履きは楽だけど、サンダルやミュール以上にしっかりホールド感のあるスリッポンも根強い人気があります。

ウェットスーツなどに使われるストレッチネオプレン素材をアッパー部分に使用しているので、ツルンとした印象。

そして汚れが付きづらく、サッと一拭きお手入れが簡単なのもいい!

カラーはライトグレー/ブラックの2色で、サイズは、ややゆとりのある「リラックスタイプ」!

ライトライド スリップオン ウィメン サイズの選び方:23~23.5cm(実寸)の場合
足の特長 おすすめの選び方 クロックスサイズ
細身、普通 足の実寸 23cm(W7)
甲高、幅広 足の実寸 23cm(W7)

メンズにもライトライドスリッポンがあるのですが、素材が違っています。

▼画像クリックで全カラーの上下横斜めの拡大もご覧になれます▼

ライトライド ペイサー ウィメン(Women’s LiteRide Pacer):クロックス レディース

ライトライド ペイサー ウィメン(Women’s LiteRide Pacer)は、アッパーにパンチング穴が開いたスニーカータイプ。

クロスライト&ライトライドの履き心地はもちろん、足が痛くならない工夫もたくさん。

甲に当たる部分のベロやかかと周りの履き口の布が肌に優しいメッシュ素材になっているので、靴擦れしにくい。

カラーはパールホワイト/ネイビー/ブラックの3色で、サイズは、ややゆとりのある「リラックスタイプ」!

ライトライド ペイサー ウィメン サイズの選び方:23~23.5cm(実寸)の場合
足の特長 おすすめの選び方 クロックスサイズ
細身、普通 足の実寸 23cm(W7)
甲高、幅広 足の実寸 23cm(W7)

▼画像クリックで全カラーの上下横斜めの拡大もご覧になれます▼

メンズにはアウトソールもアッパーもすべて白のホワイトタイプもあります。

ホワイトシューズが人気なのは日本だけなんですって。

クロックス本社のあるアメリカを説得するのは大変だったようですが、日本でのホワイトスニーカー人気のために販売されたそうです。

ライトライド レース ウィメン(Women’s LiteRide Lace):クロックス レディース

ライトライド レース ウィメン(Women’s LiteRide Lace)は、アッパーが布タイプのスニーカー。

ヘザーニット素材なので最初は冬っぽい生地だとおもったのですが、履いてみると軽やかでオールシーズンOKだと思いました。

ライトライド全種類履いてみて一番履き心地がよかったのが、ライトライド レース ウィメンでしたよ。

足裏のもちぷにな弾力のライトライドと甲を覆うアッパー部分の柔らかいヘザーニット素材が、ライトライドの中でも断トツで優しく快適な履き心地だったんですよねー。

カラーはブルージーンズ/ブラックの2色で、サイズは、ややゆとりのある「リラックスタイプ」!

ライトライド レース ウィメン サイズの選び方:23~23.5cm(実寸)の場合
足の特長 おすすめの選び方 クロックスサイズ
細身、普通 足の実寸 23cm(W7)
甲高、幅広 足の実寸 23cm(W7)

▼画像クリックで全カラーの上下横斜めの拡大もご覧になれます▼

ライトライド クロッグ(LiteRide Clog):クロックス ユニセックス(男女兼用)

クロックスといえば一番ピンとくるベーシックデザインのクロッグにもライトライド化されたライトライド クロッグ(LiteRide Clog)があります。

耐久性の強いクロスライト素材のアウトソール(靴底)の上に、柔らかい・軽い・弾力性があるライトライドを重ねることで、今までのクロックス クロッグ以上に安定感が増して足元に伝わる感触も気持ちよく、履き心地も随分と変わります。

今までのクロックス クロッグは、甲の部分(アッパー)もクロスライト素材だったのですが、クロックス ライトライド クロッグはTPU素材を使っています。

シビッツチャーム用の比較的大きめの穴ではなく、通気性を高めるための細かいパンチングが施されているのも特徴。

カラーはブラック/グレー/パールホワイト/イエロー/ネイビーの5色で、サイズは、ややゆとりのある「リラックスタイプ」!

ライトライド クロッグ サイズの選び方:23~23.5cm(実寸)の場合
足の特長 おすすめの選び方 クロックスサイズ
細身、普通 足の実寸 23cm(M5/W7)
甲高、幅広 足の実寸+1サイズ 24cm(M6/W8)

▼画像クリックで全カラーの上下横斜めの拡大もご覧になれます▼

▼グラフィックタイプもあります▼

ライトライド スライド(LiteRide Slide):クロックス ユニセックス(男女兼用)

ライトライド スライド(LiteRide Slide)は、つっかけサンダル・スポーツサンダル(スポサン)の形のライトライドシューズ。

甲やかかとが覆われてないので、ガッツリしていないデザインでトレンドのアスレジャースタイルにもピッタリ。

とにかく脱ぎ履きが楽で、足の解放感も抜群なので、オフィスでの社内履きとして使用する人も多いとのこと。

オシャレ上級者は、アスレジャーコーデとしてお出かけファッションに取り入れるそうですよ。

カラーはブラック/グレー/パールホワイト/ネイビーの4色で、サイズは、ややゆとりのある「リラックスタイプ」!

ライトライド スライド サイズの選び方:23~23.5cm(実寸)の場合
足の特長 おすすめの選び方 クロックスサイズ
細身、普通 足の実寸 23cm(M5/W7)
甲高、幅広 足の実寸+1サイズ 24cm(M6/W8)

▼画像クリックで全カラーの上下横斜めの拡大もご覧になれます▼

ライトライド フリップ(LiteRide Flip):クロックス ユニセックス(男女兼用)

ライトライド フリップ(LiteRide Flip)は、鼻緒のあるビーサンの形のライトライドシューズ。

ビーチサンダルこそ、水に強くお手入れが楽なのが必須条件にもなるので、クロスライト&ライトライド素材はピッタリ。

カラーはブラック/グレー/パールホワイト/ネイビーの4色で、サイズは、ややゆとりのある「リラックスタイプ」!

ライトライド フリップ サイズの選び方:23~23.5cm(実寸)の場合
足の特長 おすすめの選び方 クロックスサイズ
細身、普通 足の実寸 23cm(M5/W7)
甲高、幅広 足の実寸+1サイズ 24cm(M6/W8)

▼画像クリックで全カラーの上下横斜めの拡大もご覧になれます▼


【正規品購入なら公式サイトへ】クロックス通販ならお得がたくさん

履き心地も様々で、それぞれ個性や機能が充実しているから、好みや用途別にお気に入りを見つけやすい!

ただ大人気のクロックスは偽物が出回ってしまうので、最安値・激安に惑わされずにクロックス公式サイトで【正規品】をご購入くださいね。

それにクロックスの店舗では、サイズや色が揃っていない場合が多いので、crocs通販サイトがおすすめです!

軽い&履きやすい&ムレナイ快適さとアスレジャーデザインのライトライドシリーズ

クロックス ライトライド レディース一覧
icon

クロックス通販サイトなら、クロックス店舗でも実施していないセールを頻繁に開催しているのでお得に出会えるチャンスがたくさんありますよ。

クロックスセールは、本当にお得!

▼クロックス セールのお得ポイント▼

  • 大幅割引
  • 既に開催中のセールもさらに値下げ
  • 送料無料の場合アリ
  • セール品返品可能

クロックスのお得なセールページはこちら

セール品なのに返品可能ってスゴイですよね。

記事作成時にクロックスに問い合わせした際は【セール品返品可能】とのことでしたが、条件が変わることもありますので最新情報をチェックしてご購入くださいませ。

▼クロックス セールの勝ち組になるためには▼

実は……クロックスメルマガ会員限定で先行キャンペーンを実施しています!

無料登録できて、お得な割引クーポンももらえるクロックスメルマガ会員になれば、事前にセール情報を知ることができるので、スタートダッシュが大切なセールでも安心。

お得情報を逃さないためにもまだクロックス会員になっていない人は、この機会にクロックスメルマガ会員登録をおすすめします!

【もれなくクーポンがもらえる】クロックス無料会員登録はこちらから

メルマガ新規登録でお得なクーポンプレゼント

履きやすい・歩きやすいクロックス ライトライドをありがとうございます。
お悩み解決してニコニコ生活を目指します!ファッションと口コミ大好きにこ@ファッション悩み別解決館

スポンサーリンク

シェアする